丹波古陶館は、江戸時代そのままの姿で妻入りの商家が立ち並ぶ河原町の一角にあります。館内には、丹波焼の創成期から江戸時代末期に至るまでの約700年間に 作られた代表的な品々を、年代・形・釉薬・装飾等に分類して展示しています。また、館蔵品のうち312点が「古丹波コレクション」として兵庫県指定文化財となっています。


詳細情報

営業時間 09:00 〜 17:00

営業時間
9:00〜17:00(入館は16:45まで)
夏期休館、年末年始休館あり。

定休日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

電話番号TEL 079-552-2524
住所兵庫県篠山市河原町185 (Googleマップで見る
アクセス

交通機関:JR福知山線篠山口駅下車後、篠山営業所行きバスに乗り本篠山バス停にて下車。 バス停より徒歩3分。 お車: 舞鶴若狭自動車道丹南篠山口I.Cより10分。 (専用駐車場あり)

利用料

     個人 団体
   大人 500円 450円
大学・高校生 400円 360円
中学・小学生 200円 180円
※団体は20名様以上。
※姉妹館「篠山能楽資料館」(東隣)との共通券(大人700円)もあります。

サイトURLhttp://www.tanbakotoukan.jp/index.html

マップ

Googleマップで見る
シェア
前の記事篠山能楽資料館
次の記事河原町妻入商家群
ケンケン
三度の飯より篠山が好き。篠山のことなら任せておくれ。 お国問われて肩いからせて、俺が丹波のケンケンだ。ア、ヨイヨイ〜♪