「うどかんのん」「宇土の観音さん」として親しまれているお寺です。
大化・白雉年間に法道仙人によって開かれ、天地山極楽寺と言われていたとされています。背景の山は槙が峰の頂上で、「槙が峰・千軒坊」と言われ、たくさんのお堂が建ち並んでいたとされますが、寿永3年(1184)、平家を追う源義経が通過した際、兵火で全山焼失しました。ご本尊は滝に難をのがれて無事であったので再建され、文明5年(1473)に曹洞宗になって清瀧山弘誓寺(せいりゅうざん・ぐぜいじ)と名を改められました。本堂にはご本尊聖観世音菩薩がおまつりされています。多宝塔には大日如来、平和堂には阿弥陀仏(平安期)が、山門に仁王尊(室町期)がおまつりされていて、いつでも拝むことができます。また庭の中央には、みごとな大いちょうがあり、秋には美しく色づきます。寺の西の飛苦の山(ひくのやま)には、三十三観音・法道仙人像がおまつりされており、頂上には展望所があって、山巡りができます。
年間の主な行事は次のとおりです。
1月17日  初観音祭
2月3日   節分星祭大会式
4月17日  春観音祭
7月17日  夏観音祭
9月17日  秋観音祭
12月17日 納め観音祭
毎月17日  縁日月例祭


詳細情報

電話番号079-594-0039
住所兵庫県篠山市宇土611 (Googleマップで見る
アクセス

丹波篠山口ICより車で約10分

サイトURLhttp://www.guzeiji.or.jp/

マップ

Googleマップで見る
シェア
前の記事大国寺
次の記事兵庫県立ささやまの森公園
ケンケン
三度の飯より篠山が好き。篠山のことなら任せておくれ。 お国問われて肩いからせて、俺が丹波のケンケンだ。ア、ヨイヨイ〜♪