能楽資料館は、昭和51年(1976年)に設立。古の丹波猿楽と、近世の城下町文化が育んだ風土の中で、能面・装束・楽器など能に関する資料の収集と研究を行い、全国で唯一の能楽専門の資料館として、日本における伝統芸能の一拠点となっています。 また、館蔵品の中には、篠山春日神社能舞台をはじめ、各地の演能で使用されている品もあります。


詳細情報

営業時間 09:00 〜 17:00

夏期休館、冬期休館あり
夏期休館-7月1日より8月31日まで
冬期休館-12月25日より2月28日まで(閏年は29日まで)

定休日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

電話番号079-552-3513
住所〒669-2325 兵庫県篠山市河原町175 (Googleマップで見る
アクセス

交通機関:JR福知山線篠山口駅下車後、篠山営業所行きバスに乗り 本篠山バス停にて下車。バス停より徒歩3分。 お車:舞鶴若狭自動車道丹南篠山口I.Cより10分。 (専用駐車場あり)

利用料

       個人 団体
    大人 500円 450円
大学・高校生 400円 360円
中学・小学生 200円 180円

サイトURLhttp://www.nohgakushiryoukan.jp/index.htm

マップ

Googleマップで見る
シェア
前の記事春日神社能舞台
次の記事丹波古陶館
ケンケン
三度の飯より篠山が好き。篠山のことなら任せておくれ。 お国問われて肩いからせて、俺が丹波のケンケンだ。ア、ヨイヨイ〜♪