みなさんこんにちは。本多です。

今回は篠山市以外の観光事情について調査をするために、平日にも関わらず淡路島に視察に行くことになりました。
家族揃っての視察です。
いわゆる、家族視察ですね。

 

IMG_3015

まずこちら。

そう、明石海峡大橋です。
淡路島に行くためにはこの明石海峡大橋を通る必要がありますが、これがワクワクを誘います。
この橋の向こうには、新しい世界が待っている、そんな高ぶる気持ちを抑えられない明石海峡大橋。
いいですね。

たとえばこれを篠山でやるとしたら、
そうですね、
川があるじゃないですか、篠山に。
そこにですね、明石海峡大橋をかけたらいいんじゃないかと思うんですね。
よくわかんないですけど、来るんじゃないですか、人。

案1:篠山川に明石海峡大橋をかける

 

IMG_3048

ここはパーキングエリアです。
ここからなんと、明石海峡大橋が見渡せるんですね。

 

IMG_3050

平日にも関わらずたくさんの人が観光に来ています。
パーキングエリアの駐車場も、2/3ぐらい埋まっていました。

明石海峡大橋が見渡せるスポットを作るのは無理なので諦めるとして、
駐車場が平日でもいっぱいだよ〜感を演出するために、駐車場の規模を縮小するのはいいと思います。

案2:駐車場を縮小していつだって満車感を演出する

 

IMG_3051

案3:トンビを野に放つ

 

IMG_3052

いいですね、観覧車。
しかもよく見てください、アンパンマンが乗ってるんですよ。
お子さまも大喜びですよね。

篠山は景観を台無しにしないために条例が敷かれていて、観覧車とかも建てられないので
アンパンマンをどこかに乗せたいですよね。
そうですね、篠山市に関連する乗り物といえば…

案4:丹波路快速にアンパンマンを乗せる

 

IMG_3055

観覧車の上から撮った風景です。
ここからも明石海峡大橋を一望できます。
高いし綺麗ですね。

篠山にも高くから見渡せる場所ってあるでしょうか?
あ、山とかありますね。
でも山って町中を見渡せないですもんね…
観覧車も、景観条例で建てられないし…

案5:観光用ヘリを飛ばす

 

IMG_3059

この観覧車、ペットも乗せられるらしいです。
みてください、この犬の嬉しそうな顔、素晴らしいですね。

篠山でやるなら、篠山ならではのペットを同伴できるようにしたいですよね。
犬とか猫はありきたりですし。

案6:観光用ヘリにイノシシもしくは鹿を同伴可能にさせる

 

IMG_3062

ここはモンキーセンターです。
野性のサルと間近で触れ合うことができる施設です。

ここが楽しすぎて長時間いすぎてしまい、ほかの観光はしませんでした。

 

IMG_3070 IMG_3074 IMG_3075 IMG_3080 IMG_3092 IMG_3088

写真も撮りすぎてしまいました。
サルとこんなに近くで触れ合えるなんて。
しかも、全然人に危害を加えないんですよね、なんか、共存してる気がしました。

篠山だったら、篠山ならではのものと触れ合える施設があるといいですよね。
鹿とか、イノシシとかと触れ合えたらいいですけど、彼らは凶暴なので触れ合うのは難しい…
ん〜、どうしたらいいでしょうか。

案7:野性の黒豆と触れ合える黒豆センターを作る

 

IMG_3093

ホテルは、ホテルニューアワジに泊まりました。
部屋からは海が見渡せます。

家族の知り合いがここで働いており、平日なので特別に良い部屋に泊まらせてもらいました。

 

 

IMG_3097

なんと、部屋に露天風呂までついてます。

IMG_3104 IMG_3106 IMG_3108 IMG_3109 IMG_3110

食事も豪華です。
至れり尽くせりですね。

淡路視察、とても参考になりました。
景色もいいし、食べ物もおいしい。
こんなに楽しい家族視察、会社を休んでまで来た甲斐がありました。

たくさんのアイデアも浮かびましたし、最高ですね。

視察っていいですね。
またいろいろなところに視察に行ってみたいです。

みなさんも、淡路視察に来てみてください。
いろいろな発見があると思いますよ。

 

(※この記事は視察のために多量のアルコールを摂取した状態で書かれたため、クソみたいな仕上がりになっている可能性があります。)