いなかの窓の事務所の隣にある「Like a lightning」

2年前「以前紹介した記事」では、始まりたてのころだったので人も少なかったのですが…

今では店内がお客さんで溢れていて始終賑わっています。

それでは今回、パワーアップしたLike a lightningの魅力をご紹介します。

Like a lightningは主に「Magic:the gathering」や「デュエルマスターズ」などのカードゲームと、様々なボードゲームが遊べる場所です。

今回はその中でも一般受けするであろうボードゲームに関して紹介していきます。

 

ボードゲーム紹介

この圧倒的なボードゲームの量。
この品揃えは篠山で一番ではないでしょうか??

 

その中でも特に、支配人おすすめのボードゲームをチョイスしてもらいました。

左上から順に、「おばけキャッチ」「ナンジャモンジャ」「RHINO HERO」「BELLZ!」「Splendor 宝石の煌き」「ガイスター」です!

 

おすすめボードゲームその1「おばけキャッチ」

まずはこちら、「おばけキャッチ」

「緑のビン」「灰色のネズミ」「赤いイス」「青い本」「白いオバケ」の5種類のオブジェクトと、イラストの書かれたカードがあります。

山札からカードを1枚めくって、カードに書かれたイラストをもとに、5種類のオブジェクトを素早く取った人がポイントで、最終的に一番ポイントの多い人が勝ちになります。

ルールはとても簡単なので、子どもでもすぐに遊べるボードゲームです。

 

たとえばこのイラスト。
「灰色のオバケ」と「青い本」が描いてあります。
この場合、イラストの中に「青い本」があるので誰よりも早く「青い本」を取りましょう。

そして、それだけじゃないのがこのおばけキャッチの面白さ。

 

こんなカードが出てくることもあります。
カードには「緑のイス」と「灰色のオバケ」が描かれています。
この場合、どちらのオブジェクトもないので取ることができません。
こんな時は、イラストに情報が一切ないものを取ります。

「緑」「イス」「オバケ」「灰色」この4つの要素が1つも入っていない「青い本」を取るのが正解です。
のビン」「灰色のネズミ」「赤いイス」「青い本」「白いオバケ

カードに描かれたイラストから情報をすぐに判別し、誰よりも早く正解のオブジェクトを取りましょう!

 

おすすめボードゲームその2「ガイスター」

青いオバケ4つと赤いオバケ4つの合計8つのコマを操作して、相手陣地に攻めていくボードゲームです。

 

このボードゲームのルールも簡単なので子どもでも遊べます。
オバケが青なのか赤なのかは相手からは見えない状態で、自分のターンにコマ1個を1歩動かしていきます。

勝つ条件は以下の通り。

  • 赤いオバケを全部相手に取らせる
  • 青いオバケを1つ相手陣地の両端奥まで到達させる
  • 相手の青いオバケを全部取る

「どうやって赤いオバケを取らせるか…?」
「今取ろうとしているのは赤いオバケなのか青いオバケなのか…?」

そんな駆け引きが面白いボードゲームです。

 

おすすめボードゲームその3「BELLS!」

このゲームは頭を使わなくても感覚でプレイできるゲームです。

場に4色のベルがあります。
これを磁力付きの棒を使って「自分の色だけ」を取っていくゲームです。
間違えて自分じゃない色をくっつけてしまうとその時点で次の人に交代です。

一番最初に自分の色のベルを全て取れた人の勝ち。
くっつくかくっつかないか、そのギリギリを攻める駆け引きがドキドキするボードゲームです。

 

おすすめボードゲームその4「Splendor 宝石の煌き」

宝石商になってどんどん開拓していくボードゲームです。
これはルールが少し難しく、どちらかというと大人のボードゲームでしょう。

宝石チップを手に入れて、場に置かれたカードを購入していきます。
購入したカードはその後、宝石の代わりとして使うことができ、次以降さらに高いコストのカードを購入していくことができるようになります。
5種類の宝石のうちどの宝石を集めるべきなのか、他のプレイヤーはどんな宝石を狙っているのか。
そんなことを考えながら、最強の宝石商を目指しましょう。

 

おすすめボードゲームその5「ナンジャモンジャ」

勝敗よりもその過程が楽しい、パーティゲームです。

個性的なキャラクターが描かれたカードを1枚ずつめくっていき、キャラクターに名前を付けていきます。
新しく出てきたキャラクターには、そのカードを引いたプレイヤーが自由に名前をつけます。
1度名前を付けたキャラクターが出た場合は、その名前を思い出して誰よりも早く名前を呼んであげます。
一番早く名前を呼べた人がそのカードを手に入れることができます。

手に入れたカードは表向きにして重ねて置いていくのですが、もし引いたカードがその表向きのカードと一緒だった場合、そのキャラクターの名前を言う代わりに「ナンジャモンジャ」と言わなければなりません。

一番カードを集めた人が勝ちです。

 

おすすめボードゲームその6「RHINO HERO」

最後に紹介するのが「RHINO HERO」です。
このゲームもルールが単純で子どもでも楽しめるボードゲームです。

手札のカードから建物の上に置くカードを選び、次のプレイヤーがそのカードに従って建物を建てていきます。

それを繰り返しながら、建物を倒した人の負け、というゲームです。

今回、このゲームを#ささやま編集部がチャレンジしてみました!

 

カードに従ってどんどん建物を積み上げていきます。

 

どんどん積み上がってきましたねー。

この調子でいけば天井まで届くんじゃないでしょうか。

 

これぐらい積み上がってくると、「絶対倒すなよ!」という周りからの圧力がすごいことになります。

 

カードによっては「RHINO」を乗せないといけないカードもあります。
これがなかなか曲者なんです。

 

さあ、どんどん積んでいきましょう!

 

だいぶぐらついてますが大丈夫でしょうか…

 

あっ!

 

あーあ…

 

終了です。

 

充実のサービス

店内には飲食物がたくさん置いてあるので、喉が渇いたときもお腹が空いた時も店内で解消することができます。

ここに置いてある飲食物はお客さんのニーズに合わせたものを揃えており、思わず「センスいいねぇ」と思ってしまいます。

 

プレイするだけじゃなく購入もできる

また、ボードゲームはプレイするだけではなく購入することもできます。
お店でプレイしてみて、面白かったボードゲームを購入できるので、「ネット注文したけど実際にプレイしたら面白くなかった」なんてことを回避できます。

たまに地元に帰ってきた友達と遊ぶときや、親戚が集まるときなどに定番のボードゲームがあると場が盛り上がるかもしれませんね。

 

お店概要

さらにバージョンアップしたTCGショップ&テーブルゲームプレイスペース「Like a Lightning」
あなたがまだ出会ったことのない人と、出会ったことのないボードゲームで未知の楽しみを見つけましょう!

営業時間:月火木金 15〜22時、土日祝 13〜22時 水曜定休日
場所:篠山市西新町179 リトル丹波ビル西棟2階203号
利用料:20分50円(中・高校生1時間50円、小学生以下2時間50円)
電話:090-9995-4480