みなさんこんにちは、本多です。

篠山市の奇才、箕浦祐太(27)がこれまで撮りためてきた写真をいよいよ放出するみたいです。
箕浦氏といえば、いなかの窓の取締役でありデザイナー。趣味で始めた写真も今となってはプロレベル。
好きこそものの上手なれといいますが、まさに、箕浦氏にとっての写真は好きの極みなのです。好きの極み箕浦なのです。

そんな彼が今回、満を持して開催する個展「白昼夢」
篠山の日常にあって日常じゃないような、そんな不思議な写真がたくさん公開されます。

さらに、初日にはオープニングセレモニーとして会場であるCafe inizioで食事が楽しめます!(詳細は下記にて)

今回、箕浦氏がなぜこの個展を開いたのかを聞くために、#ささやまで独占インタビューを実施することができました!

箕浦祐太独占インタビュー

箕浦氏の本拠地、「いなかの窓」を訪れると、彼は黙々と写真の選別作業を行っていました。

本多「箕浦さん、はじめまして。#ささやま編集部の本多です」

箕浦「あ、こんにちは」

人見知りのデザイナーと聞いていましたが、意外にも気さくに話しかけてくれた箕浦氏。
早速、今回の個展について聞いてみることにしました。

 

なぜ個展を開くのか

――これまで仕事以外でもたくさん写真を撮っていたんですけど、そろそろ写真を使って何かやろうと思いまして。

そう答える箕浦氏。
写真が趣味なだけあって、休日には山に登ったりイベントに参加したり、仕事の日でも早朝から出かけたり休憩の合間に撮影しにいったりしているうちに、大量の写真が集まってきたそうです。
それらの写真を「白昼夢」というテーマで選りすぐって個展を開くことになりました。

 

なぜ「白昼夢」?

――普段見ている篠山の景色の中でも幻想的な写真を選んでみました。でも、その幻想的な写真は紛れもなく篠山の写真なんです。現実の篠山の景色なのに、非現実感がある。そんな不思議な感覚を体験してもらいたいと思って「白昼夢」というテーマにしました。

なるほど。篠山の幻想的な写真…。言葉ではなんとなくわかりますが、実際どんな写真なのか気になりますね。
箕浦氏がフィルター越しに見る篠山の「白昼夢」は一体どんな景色が広がっているのでしょうか。

 

どんな人に来てほしいですか?

――誰にでも来てもらえたら嬉しいです。でも、特に篠山の人に来てもらいたいですね。普段篠山の景色を見慣れた、篠山に住んでいる人に来てもらって、「篠山にはこんな面白い景色があるんだ」と体験してもらいたいと思っています。そして、写真に少しでも興味を持ってもらえたらと思っています。

篠山の人にこそ来て欲しい。そう話す箕浦氏。
箕浦氏自身が写真を撮りながら体験してきた魅力あふれる篠山の景色を、この個展で伝えていきたいのだそうです。

 

フォトアルバムについて

今回の個展で販売されるフォトアルバム「白昼夢」
先ほど箕浦氏の個展の紹介でもあったように、「現実の篠山の景色なのに、非現実感がある」そんな写真を時間軸で綴ったストーリー性のある1冊に仕上げられています。

今回特別に、フォトアルバム「白昼夢」の一部をご紹介。

 

写真の右下にあるのが撮影された時間。
この時間に沿って、朝から夜までフォトアルバムに写真が掲載されていきます。

このフォトアルバムは「まあ、どうせ買う人なんてそんなにおらんやろ」という箕浦氏の消極性によりなんと30冊しか印刷されません。

 

読者に何かください

――フォトアルバムは30冊しか印刷しないので、この記事の読者の方限定で先行予約します。

というわけで、このフォトアルバム「白昼夢」の先行予約をこの記事の読者の方限定で行います!
1冊2000円での販売で、15日から開催の個展の会場でのみ受け渡しになります。
ご希望の方は、この記事の一番下にある申し込みフォームからご連絡ください。

 

個展「白昼夢」の詳細

開催期間: 2017年12月15日〜2018年1月31日
時間: 11:00〜17:00
場所: Cafe inizio(〒669-2202 兵庫県篠山市東吹513 東吹センター2号館 1F)

※写真展の期間中にケーキセットのご注文で箕浦オリジナルステッカープレゼント

オープニングセレモニー

個展開催を記念して、オープニングセレモニーを行います。

開催日時: 2017年12月15日 21:00〜23:00
場所: Cafe inizio(〒669-2202 兵庫県篠山市東吹513 東吹センター2号館 1F)
参加費: 2000円(アルコール希望の方は+1000円)※飲み放題

※フォトアルバムご購入の方は箕浦より大握手がもらえます。(購入のない方は小会釈にて対応)

参加希望の方はFacebookイベントページより参加申込みをお願いします。

 

フォトアルバム「白昼夢」予約フォーム